最近はもっぱら「考えたらまとめる、まとめたら考える」の方に色々書いています。

2009年08月25日

読書欲が湧き出してくる「難解な本を読む技術」

難解な本を読む技術 (光文社新書)
高田明典
光文社
売り上げランキング: 16898
おすすめ度の平均: 3.5
2 フロイト・ラカンの自我心理学などありえない
4 なかなか参考になります
4 現時点では読書ノートを試していないので
5 読書にかかわる全ての人へ―より効率的、効果的な読書法☆
4 高校生・大学一年生向け


タイトルのとおり読書法の本。
僕が今まで読んできた読書法と違うのは、
これが「思想書」の読み方の本だということ。
その例として挙げられているのが
フロイト、デリダ、ドゥルーズ、フーコーなど名だたる人たち。
読んでくうちに難解な思想書が読みたくて仕方なくなってくる。

ではその読書法、
具体的にどういう方法を挙げているのかというと、
「読書ノート」を使うという方法。
読書ノートを作って章ごとに疑問点などをまとめていきなさいよ
というのが筆者の勧めるやり方。

早速僕もニーチェの道徳の系譜学 (光文社古典新訳文庫)で試してみる。

しかし序章まで読書ノートを作り終わって、結局やめてしまった。
やっぱり読書ノートは理解は進むけれども極端に読むスピードが落ちる。
これくらいの本だったらまだ読めると思い、読書ノートは踏みとどまった。
もっともっとわかりにくい難しい本のときに使ってみよう。
折衷案として、今回は本の中に書き込みまくって章ごとにポイントを一言ずつ書いていく形式をとってみた。
ポイント書いていくと断然理解が深まる。
少し硬い本はこれで読んでいこう。

以下気になった部分。
本を読んでいると理解したと感じることがありますが、それはそこに書かれている概念を「使う」ことができるようになったということを意味しています。

「そんなに真剣に選書する必要があるのか」という考え方は間違っています。

「読みたいときに読む」「読みたいところから読む」という原則をしっかりと守ることが必要です。



posted by イズミ at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126426839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。