最近はもっぱら「考えたらまとめる、まとめたら考える」の方に色々書いています。

2009年10月18日

小説レビューの教科書「小説の読み方〜感想が語れる着眼点〜」感想

小説の読み方~感想が語れる着眼点~ (PHP新書)
平野 啓一郎
PHP研究所
売り上げランキング: 21557
おすすめ度の平均: 4.0
2 「本の読み方」となにが違うの?
4 小説の構造を理解するために
4 著者のような読解力の獲得には至らない
4 小説は全体を読むこと
5 小説のつくりかた??


概要


基礎編と実践編の二部構成。
基礎編では小説とは何かについて、著者なりの考えを述べている。
実践編では実際の小説を解説している。
実践編で取り上げられた作品は以下のようなラインナップ。
『幽霊たち』、『蹴りたい背中』、『若さなき若さ』、
『日本文学盛衰史―本当はもっと怖い「半日」』、
『辻―「半日の花」』、『ゴールデンスランバー』、
『髪―「幻」』、『アムステルダム』、『恋空』


ニコラスティンバーゲンの四つの質問


「ニコラスティンバーゲンの四つの質問」というものがある。
これはノーベル生理学賞を受賞したニコラスティンバーゲンが
動物行動学の基本としてあげたものだ。
著者はこの「四つの質問」が小説を読むときのアプローチに有用だと述べている。

「四つの質問」は以下のようになっている。

@メカニズム:小説の舞台設定、登場人物、配置と出入り、プロットの展開、文体などに着目する。
A発達:その作家の人生の中でどういうタイミングでその作品が出てきたか考える。
B機能:小説が作者と読者との間で持つ意味。ジャンル分け。
C進化:社会の歴史、文学の歴史の中でその小説がどんな位置づけにあるか。

なるほど。
なかなか使えそうな分類だ。
僕の場合は機能の面から感想を書くことが多い。

著者はこの四つの質問を上手く利用して感想を書きなさいと述べている。
例えば発達の面で好きな作品がけなされているならば、
他の3つのアプローチを使って擁護してみたりすることを薦めている。


述語の二分類


述語は大きく二つに分類される。
主語充填型とプロット前進型である。
小説はこの2つの述語を使って作られている。
主語充填型の述語で登場人物の説明をし、
プロット前進型の述語でストーリーを進めていく。
どちらに重きを置いているかで作品の雰囲気は変わっていく。


まとめ


レビュアーにとって使えるフレームワークを教えてもらった。
述語の二分類とか非常にわかりやすい!
よし、今度小説の感想書くときに使ってみよう。
実践編で使われている作品は読んだことのないものばかりだった。
これらの作品を読んだことがある人には、なかなか面白いレビューなのではないかと思う。

ちなみにこちらが著者のブログ。
平野啓一郎公式ブログ
最近の小説のレビューが多いなと思ったら、
「漱石、鴎外、三島、川端といったオーソドックスな作家」
の作品は前回の本で書いているんですね。

あとこっちも参考リンク。
システム会社で働く新入社員のブログ
僕の感想よりも詳しく書いてあります。




posted by イズミ at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
記事の最後に載せて頂きました!有難う御座います。
小説って面白いけど、意外と読み方が難しいですよね。ちゃんと考えながら読まないと内容を忘れてしまったりします。
他の書評も読ませていただきましたが、志向が似ているのかな?と思いました!これからも読ませて頂きますね。
Posted by fulic at 2009年10月19日 19:00
どうもはじめまして。
紹介させていただきました!

僕は難しい小説を読む時なんかは相関図書いたりしてますね。
今ドストエフスキーの『未成年』を読んでいるのですが、なかなか登場人物入り組んでいるので相関図を書きながら読んでいます。

僕もそちらのブログにまた遊びに行きますね(^^)
Posted by ひじき at 2009年10月21日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130607364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。