最近はもっぱら「考えたらまとめる、まとめたら考える」の方に色々書いています。

2009年11月01日

新書の使い方指南本「だから、新書を読みなさい」感想

だから、新書を読みなさい
奥野 宣之
サンマーク出版
売り上げランキング: 26370
おすすめ度の平均: 4.0
5 作者の読書論に納得させられる一冊
3 情報源を新書に限定する意味はあるのだろうか
5 新書で出ていれば、、、
3 新書になじみがない人向け
4 新書というのが古くて新しい


概要


『読書は一冊のノートにまとめなさい』の著者、奥野氏の本。
僕も新書を読もうキャンペーンを個人的に行っていたところだったので、気になって購入。
著者流の新書の読み方が書いてある。


情報源を絞る


情報化社会である現代、情報は集めることよりも捨てることの方が難しい。
そんな現代だから情報を捨てる技術は様々なビジネス書で議論されている。
この本にも例によって情報を捨てる技術の重要性が書いてある。

筆者は情報を捨てる技術の一つとして、「情報を絞る」ということをやっている。
「新聞はたくさんとらず一紙だけ読む。気に入った雑誌一冊だけを買い続ける。部屋にテレビを置かない。新書だけを読む。」など、情報源をとにかく少なくしている。

確かに情報はたくさん入手し、その中から使えるものを取捨選択していく方が良い。
しかし著者はこれに反対する。
情報の取捨選択はある程度情報を使い慣れた人にしかできないと言うのだ。

この意見には非常に共感できる。
人間、吸収できる情報量には限界がある。
受験勉強でも同じように少ない参考書をやりこんだ人が勝つ。
絞るということは極めて重要に思える。


新書ザッピング術


この本の肝はコレ。
著者流の新書の読み方だ。
まずテーマを決める。
そのテーマに関する新書を3冊買う。
3冊は著者、レベル、出版社などのかぶりが無いように買う。
その3冊をカフェに行って一気に読む。
これが著者の薦める新書ザッピング術だ。

知りたいテーマがある場合、なかなか使える方法だと思う。
3冊っていうのがちょうどいい。
多すぎず少なすぎず。
しかもやり方が非常にシンプルなのがいい。
テーマ読書をする際は是非採用したいと思う。




posted by イズミ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書論レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131788551

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。