最近はもっぱら「考えたらまとめる、まとめたら考える」の方に色々書いています。

2009年11月08日

今やらないでいつやるの?「砂の女」感想

砂の女 (新潮文庫)
砂の女 (新潮文庫)
posted with amazlet at 09.11.08
安部 公房
新潮社
売り上げランキング: 12399
おすすめ度の平均: 4.5
5 時代を超えて読み継がれる作品
4 砂、そして吸い上がる水へ
5 「砂の女」向きの読者、そうでない読者
5 ここまで想像力をかきたてさせる文章力がスゴい。
5 本から砂が湧いてくる


感想


非常に面白かった。

ストーリーはざっとこんな感じ。
主人公は砂丘へ昆虫採集に出かける。
そこで砂丘の底にある一軒家に閉じ込められる。
なんとか脱出を計ろうとする主人公。
それを阻止しようとする村の人。

何が一番面白かったかと言われればその生々しさだ。
雰囲気が非常に生々しい。
特に水分に関しての描写が僕にはぐっときた。
例えば次のシーン。

ふいに、舌の裏側から、ねばりけのある唾液が、ふきだしてくる。しかしその唾を飲込むわけにはいかない。唇と歯のあいだにたまった砂が、その唾を吸って、口いっぱいに広がるのだ。土間にむかって、唾をはいた、しかし、いくら唾をはいても、口のざらつきはなおらなかった。口が、からからになっても、まだ砂は残っていた。まるで歯の間から、次々と新しい砂がつくられていくようだった。

読むと自分の口の中もベタベタしてくる。
すごい喉が渇く小説。

最後主人公が外に出ることができたのか…は読んでからのお楽しみということで書かないが、
結末まで読むと
「人生もこんな風にならないようにしないとな」
と思ってしまう。
僕にはこの小説が人生の一つの縮図のように感じた。

「今やらないでいつやるの?」
そんな言葉が浮かんでくる小説だった。


参考リンク


レビュー書いたあとアマゾンのレビュー見たら皆結構「喉乾く」って言ってますね。
やっぱり喉渇きますよね。これ。

daily scraps
読みやすくてクリアな感想が書いてありました。
砂の女って映画化されてるみたい。

インタラクリ
映画の方の感想です。
そういやータイトル砂の「女」ですね。
女メインに考えて読んでなかった。

\ 不思議 BLoG ⊂(・ω・`)⊃ パンドラ BoX /
中3の読書感想文。
中学生の時にこれ読んだらどう思うのだろう。
全く印象が違う気がするな。

机上の空論?
気持ち悪い、だがそれがいい!
同感です。




posted by イズミ at 15:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小説レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは好きな本ベスト20には入る名作!!!
でも喉は渇かなかったな(笑)。
Posted by ついったのみのり at 2009年11月29日 18:27
これ面白かったんで一気に読んじゃいましたよ。
喉渇きませんでしたか!
僕は口の中ねちょねちょになりました笑。
Posted by イズミ at 2009年11月29日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132338889

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。