最近はもっぱら「考えたらまとめる、まとめたら考える」の方に色々書いています。

2009年09月18日

アイディアを濾過純化させる方法を学ぶ「思考の整理学」感想

思考の整理学 (ちくま文庫)
外山 滋比古
筑摩書房
売り上げランキング: 9
おすすめ度の平均: 4.5
5 教師のバイブルといっても過言ではない
3 日本語論の仕事をしている割には...
5 アイディアは寝かせることによって熟成される
3 売れている様なので
2 要約


どこの大型書店にいっても平積みされている。
前々から気になっていたので買ってみた。
非常に読みやすく、基本的なことが書いてあった。
それでは、内容についての感想を書いていこう。


メモとノートとメタノート


以前から僕はアイディア、考えをメモに書いていた。
いわゆる100円メモ方式である。
コンビニに売っているA6ノートを買ってきてそこに全てのアイディアを集約するようにしていた。
思いついたことをそこに収録していくことで、
アイディアの蓄積率はだいぶ上がった。

しかし、アイディアが溜まるだけ溜まって、アイディアを上手く使えていないのだ。
いつか使う日のためにただただ溜めていくというのはいかなるものか。
何か上手くアイディアを使っていく方法はないものか。
そう思っていたところにこの本を読んだら、ひとつの答えのようなものが書いてあった。

外山氏のやり方はこうだ。
アイディアをまずメモに書く。
使えそうなものをノートに写す。
さらに熟して使えそうなものをメタノートと言われるさらに上位のノートに写す。
こうして思考を純化させているというのだ。

なるほど。
こうすれば僕が今まで100円A6ノートに書いていた雑多なアイディアが純化されるかもしれない。
しかしこれを全てやろうとするのはなかなか時間がかかる。
そこで、一部「メタノート」の考え方を採用してみようかなと思った。
使用しているA6ノートとは別に、新しい「メタノート」を用意し、
そこにA6ノートの内容を転記していく。
A6ノートをパラパラめくり、同じジャンルだと思われるものを一緒に、「タイトルになりえる一言」と、その参照ページだけを書いていく。
これならそんなに時間がかからない。
今度やってみよう。


ことわざの世界


個々の経験、考えたことをそのままの形で記録、保存しようととすれば、煩雑にたえられない。片端から消えてしまい、後に残らない。一般化してなるべく、普遍性の高い形にまとめておくと、同類のものが、後々その形と照応し、その形式を強化してくれる。つまり、自分だけの“ことわざ”のようなものをこしらえて、それによって、自己の経験と知見、思考を統率させるのである。
同感。
覚えておかなければならないこと、教訓的なものはことわざのような短い形にまとめておく必要がある。
ライフハックはなるべく一言で言える形にして保存しておくのが望ましい。
早速この文章を一言でまとめる=ことわざ化しておこう。
「ライフハックは一言に」


拡散的作用と収斂的作用


われわれには二つの相反する能力がそなわっている。ひとつは、与えられた情報などを改変しよう、それから脱出しようという拡散的作用であり、もうひとつは、バラバラになっているものを関係付け、まとまりに整理しようとする収斂的作用である。
今までの学校教育は収斂的な力をつけるものだった。
収斂的思考が得意な人は多いが、拡散的思考をできる人は少ない。
もっと拡散的思考を練習しよう。
というの趣旨の文章が書かれていた。

三色ボールペンで言うと青が収斂的思考、緑が拡散的思考だろう。
収斂的思考と拡散的思考。
どっちも鍛えるには三色ボールペンは良い方法だと再確認。


桃太郎のお話


インブリーディングということばがある。同系繁殖、近親交配、近親結婚のこと。ニワトリでも同じ親から生まれたもの同士を交配し続けていると、たちまち、劣性になってきて、卵もうまなければ、体も小さくて、弱弱しいものになってしまう。
(中略)
桃太郎の話はこのインブリーディングを戒める教訓を含んでいるように思われる。オバアサンが川から桃をひろってくる、というのは、よそから嫁を迎えるという象徴であろう。
こんな桃太郎論は初めて聞きました。
非常に興味深かったのでこちらに引用。


気になった言葉


忘れてよいと思いながら、忘れられなかった知見によって、ひとりひとりの知的個性は形成される。
興味があることは覚えていて忘れない。興味のないことを忘れることで個性ができあがっていく。

「忙」の字は、心(りっしんべん)を亡くしていると書く。忙しいと頭が働かなくなってしまう。頭を忙しくしてはいけない。がらくたのいっぱいの倉庫は困る。
忙しいときに自分に言い聞かせたい言葉。

俗世を離れた知的会話とは、まず、身近な人の名、固有名詞をひっぱりださないことである。共通の知人の名前が出ると、どうしても、会話はゴシップに終わる。ゴシップからはネズミ一匹でない。害あって益なしである。
共感。噂話は楽しいのでついついしてしまうが、生産性のある会話ができない。固有名詞を出さないというのはいいHACKだ。実行していこう。
posted by イズミ at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月15日

不良のための読書術 / 永江朗



だいぶ前に読んで本棚に眠っていた。
本棚の整理をしようと思ってパラパラめくってたら、なかなか面白いことが書いてあったのでそれを書いておこうと思う。

■そもそも本はマイナー
100万部を超えるとミリオンセラーといわれる。100万部というのは、出版界ではとてつもない数字だ。(中略)これをテレビの視聴率に換算するとどうなるだろう。本を読んで理解できる年齢の人口をおよそ一億とすると、百万人が読んだとしても、たったの1パーセントでしかない。テレビの視聴率ならたちまち打ち切りだ。

これは面白い指摘だ。
100万部を超えた本っていうと結構皆読んでいるイメージだが、実際1パーセントしか読んでない。
セカチュー読んでいる人よりブザービート見てる人の方が多いんですね。

■おもしろい本は他にある
読める本の総量が決まっているということは次のことを意味する。つまり、一冊の本を選ぶことは、同時に他の本を読む可能性を捨てることである。いやはや、これは重大な事態でありますぞ。

当たり前だけどハッとする。
僕は結構読みたい本を手当たり次第買っていってしまうタイプなんだが、その本を選んだってことは別の本が読めなくなっているってことなんだと再認識。
そして本を読むってことは別のことができなくなっているっていうこと。
何かを得るためには何かを犠牲にしなくてはならない。
時間ってそういうことか。

■おもしろくても途中でやめる
でも辞書や事典を最初の一ページから最後の奥付まで順に読んでいく人は滅多にいない。(中略)あらゆる本はある意味では辞書や事典のようなものではないか。

要するに筆者が言ってるのはつまみ食いしてもいいじゃないってこと。
「まじめな人」のための読書術じゃなくて「不良」のための読書術ですから。
posted by イズミ at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。