最近はもっぱら「考えたらまとめる、まとめたら考える」の方に色々書いています。

2009年10月25日

日本史のコアだけつかめる「読むだけですっきりわかる日本史」感想

読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)
後藤武士
宝島社
売り上げランキング: 42
おすすめ度の平均: 3.5
2 歴史嫌い、歴史ビギナー対象としては…
2 誤った記述が・・・
5 何度も読み直したい
5 文庫本一冊で小学校から社会人までの常識を、苦痛なく網羅


感想


日本史入門書。
日本史を全く勉強しなかった人にもわかりやすく書いてある。
重要な部分だけ簡単に書いてあるから、日本史についてのアウトラインを知りたい人にオススメ。
歴史の流れのレファ本としても使えそう。
文庫なので気軽に持ち運びできて読めるってのもオススメポイント。

今回改めて日本史を勉強して、各時代の知識がつながった。
アニメやゲーム、漫画の影響で戦国とか幕末はなんとなく知識がある。
しかし、他の部分の知識は非常に曖昧だ。
この本を読んだら、うっすら覚えている学校で教わった知識と漫画の知識がつながった。
曖昧な部分がうまーく補完された感覚だ。
これから時代小説を読むときにもちょこちょこ参照して知識をつなげていきたい。

それにしても日本はすごいんだなと実感。
本書には「世界のなかでも類い稀なる急成長を遂げてきた国、日本」と書かれているが、
中を読むとなるほど確かにそのとおりなんだなと感じる。
ちょっとカッコいいじゃないですか、日本。

日本を好きになれる一冊でした。


参考リンク


TakeshiGoto ちょっと come
ワンコインでこの内容はお得でした。ごちそうさまです。

本と漫画の部屋
この本読むと歴史小説読みたくなる気持ちわかります。
司馬遼太郎作品は今読みたい本リスト結構上位です。

カオルのーと。
やっぱり皆さん流れの確認に使ってるみたいですね。

宴の痕
そうそう、ちょこちょこ出てくる語呂合わせもなかなかいいんですよね。
受験生じゃない人でも、ところどころ年号覚えてると流れつかみやすいですから。

posted by イズミ at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。